グラフィックカード搭載してますか?

「パソコンを使って何をしているか?」こんなアンケートが実施されました。当然人によって異なるわけですが、多くの回答者が「動画視聴」だと答えました。他にも色々なことをやっていても、今はみんなパソコンで動作を見ているのです。よく考えて見れば、日常的にYoutubeやニコニコ動画を見ています。海外ドラマは好きな人はGyaO、Youku、PandoraTVを見ているでしょうし、アニメ好きならひまわり動画、SayMove、NosubTVを見ているでしょう。しかも年々高画質になっています。配信されている動画は昔は40MBくらいだったのに、今は200MBが当たり前になっています。動画サイトのアップロードの上限が200MBだからでしょう。200MBならブルーレイと同じ解像度の高画質です。ここまで高画質だとパソコンの性能によってはカクカクしてしまい、動画で何が起こっているのかわかりません。ではどうしてパソコンで動作を再生すると重くなるのでしょうか。

最初に考えられるのは回線です。パソコンではなく回線が遅いから読み込みに時間がかかるパターンです。最近は動画配信サイトのシステムが複雑になっていて、回線の早さによって自動的に画質を上げたり落としたりすることがあります。例えば、モバイル回線並に遅かったら、モバイル機器で再生できるくらいの低画質で配信されます。

ただ、多くの場合は回線ではなくパソコン自体に原因があります。パソコンの性能が足りないのです。まず疑うべきはメモリです。メモリは一時記憶装置と呼ばれています。一旦、メモリに動画のデータを読み込んで、それをCPUで処理して画面に写してくれます。もしもメモリが足りないと、ダウンロードして動画を処理しきれなくなり、カクカクしてしまいます。つまり対策としてはメモリの増設です。もしも現在2GBしかないなら8GBは欲しいところです。8GBあれば、動画の処理としては充分です。

次の原因としてCPUが考えられます。でもCPUを交換しても対決しません。動画はグラフィックカードに処理させたほうが滑らかに再生できます。グラフィックカードの名前からわかるように動画を適切に処理してくれるパーツです。動画以外だと3Dゲームを快適に動作させることができます。ゲーミングPCおすすめガイドで解説されているようにゲーミングPCには必ずグラフィックカードが搭載されています。高性能なグラフィックカードさえあれば、ブルーレイと同じ高画質の動画を再生しても重くなりません。グラフィックカード単体を買うと高くなりますし、今のパソコンに搭載できるかどうかはわからないので、グラフィックカード搭載ゲーミングPCに買い替えたほうが早いと思います。

まとめると動画が重くて困っているなら、高性能なパソコンに買い替えることをおすすめします。パソコンの性能が低いのに、一分のパーツだけを高性能にしても効果が薄まるかもしれません。全体的にパワーアップすることが大切です。